これから必要になる、オフィス面積は?

COVID-19により、オフィス空間は今までにない、大きな変化の波に襲われています。
出社率の低下やリモートワークの進展、フリーアドレスの浸透。
人のいないオフィス風景を見て、当然ながら誰もが思うことでしょう、
「実際、オフィスに必要な面積は?今後の自社オフィスの存在意義は?」と。

一方で、今後のオフィス要件の設定は複雑で、答えを出しづらいのも事実です。

税込33万円 1,500㎡以下のオフィス1パッケージ 30組限定サービス価格税込33万円 1,500㎡以下のオフィス1パッケージ 30組限定サービス価格

codettaのワークプレイスシミュレーターは、現状の賃料や面積などの「オフィスデータ」と、今後想定するテレワーク率やフリーアドレス割合などの「働き方データ」を入力するだけで、これからの「自社オフィスのあり方」を素早くシミュレーションできるサービスです。

  • ① 自社に必要なオフィス面積

    無料体験版無料体験版
  • ② 今後のオフィス運用コスト

  • ③ 変更にかかる初期投資額

  • ④ レイアウト・デザインイメージ

今後の自社オフィスのあり方を社内で本格的に議論していくために「検討の土台」をパッケージ資料としてレポーティング

オフィス刷新に向けた検討資料パッケージ

ワークプレイスシミュレーターでは、オフィスの必要面積やコスト、座席数等の定量データと具体的なレイアウトやデザインイメージをセットにしてレポーティング。そのため社内プロジェクト化に向けた検討資料として、意思決定者への報告資料としてご活用いただけます。

  • シミュレーション結果サマリレポート

    今後必要になるオフィス面積や運用コスト、レイアウトイメージがひと目で把握できるレポート。現状のデータとの比較検討も容易です。

  • 自社オフィスのレイアウトイメージ

    具体的なオフィスレイアウトやワークシーンに加え、座席数や会議室数、ロッカー数等定量的なデータも提供。現状と比較しながら今後のオフィスのあり方の検討が可能です。

  • オフィス運用コスト&初期コスト概算

    オフィス運用概算コスト(自社オフィス賃料、シェアオフィス利用料など)と、レイアウト変更・縮小・移転の概算コストの内容を確認、比較検討が可能です。

  • オフィスデザインイメージ

    それに加えて、オフィス全体のデザインの方向性や実現したい空間イメージをパースやCGにより確認が可能で、今後のオフィスのデザインイメージを社内、チーム内で共有できます。

シミュレーションの流れ

オンラインでのコミュニケーションを基本として、迅速にシミュレーション、レポート作成を行います。

  1. お申し込み

    本サービスの注意事項をご確認の上、web上よりお申し込みください。担当者が今後の流れをご説明します。

  2. 必要データのご提出

    現状のオフィスデータ・図面などをご準備いただきweb上よりご提出をお願いします。

  3. 中間報告

    頂いた情報を基に現状分析を実施、今後のオフィスのあり方などをディスカッションします。

  4. レポート作成

    中間報告の結果を踏まえ、レイアウトデータ等レポートの作成を実施。

  5. レポート説明

    完成したレポートのご説明を行います。

最短2週間でレポーティング

※必要データをご提出頂いてからの最短日数です。お客様や弊社の状況によりそれ以上期間を要する場合がございます。

サービス説明会をオンラインで開催

サービスの説明会を定期的にウェビナーで行います。

開催予定日

2021/4/16(金)17:00-18:00

2021/4/19(月)12:00-13:00

2021/4/21(水)16:00-17:00

2021/4/26(月)17:00-18:00