EVENT

”ワークプレイスシミュレーター”で働き方の変化に合わせたオフィス刷新をシミュレーション

ウェビナー

実際、オフィスに必要な面積は? 今後の働き方のあり方は?

COVID-19によりオフィス空間は今までにない、大きな変化の波に襲われています。政府の在宅要請による出社率の低下、フリーアドレスの浸透。人のいないオフィスの風景を見て、当然ながら誰もが思うことでしょう、「実際、オフィスに必要な面積は? 今後の働き方のあり方は?」と。
ワークプレイス シミュレイターは、出社率やフリーアドレス率などの働き方をデータとして整理し、そのニーズを満たすワークシーンで構成されたオフィス空間をCGで可視化し提案。加えて、概算予算やデザイン・テイストまで、事業化を検討する上で必要な情報をとりまとめ、営業日10日という短期間(必要情報受領後、事前打ち合わせ期間を除く)でご提供するサービスです。
今回のウェビナーでは、本サービスのご紹介とともに、貴社の最適なオフィス面積を計算するサービスを実際にご体験いただけます。
この機会にフリーアドレスやABW(Activity Based Working)などを検討導入される企業さまが多いと思いますが、簡単な条件入力作業により御社のオフィスやあるべき姿をシミュレーションしてみては如何でしょうか。

■講師
株式会社ワークパス CMO 金英範

「総務から社員を元気に、会社を元気に!」がモットー。25年以上にわたり日系、外資系企業にて総務・ファシリティマネジメントを経験。インハウス業務とサービスプロバイダーの両方の立場から、企業の不動産戦略や働き方の変化に伴うオフィス変革を行う。独自のイノベーティブな手法でファシリティコストの大幅な削減を実践してきた。また、JFMAやコアネットなどの業界団体でのリーダーシップ、企業総務部への戦略コンサルティングの実績を持つ。Master of Corporate Real Estate(MCR), 一級建築士の資格を保有。

■ワークプレイス シミュレイターの特徴
◯パッケージ コンテンツ
社内検討や稟議に活用できるよう下記の4種のデータを一つのPDFドキュメントにまとめてご提供します。
①働き方データ
社員数・在宅率・フリーアドレス率など働き方をデータ整理し、面積や家賃などを比較検討を可能にします。
②オフィス空間CG
働き方データと連動した空間デザインをエンジンに蓄えたデータ(アクティビティ・家具・レイアウトなど)から
3Dで可視化することで、直感的に刷新後のオフィス環境を把握することが出来ます。
③予算データ
家賃などのランニングコストと移転やレイアウト変更など投資コストの概算をご提供します。
④デザインテイスト
ブランディングや採用などにも効果的な、空間デザインのイメージをロジカルに構築し具体化します。

◯オンラインによる効率的かつ短期間のシミュレーション
オンラインによる情報整理とWEB会議を活用することで、アウトプット制作までのトータル期間が最短10日という非常に高い利便性。
ワークプレイス刷新によるコストメリットなども提示差し上げます。

日程
2021/03/18(木)
17:00~18:00
料金
無料
定員
100名
場所
オンライン