Start with codetta

お客様のワークプレイス刷新をもっと簡単に、もっとスピーディーに。
私たちとcodettaを活用して新しい空間を一緒につくりませんか。

↓
総務 WorkPath
WorkPath「WorkPathにご連絡いただき、ありがとうございます。」 総務「総務担当です。このたびは宜しくお願いします。」

Step 01 ヒアリング ・ 要件整理

要望が見える化され、
明確な目標設定ができる

総務「テレワーク率を30%にし、オフィスの魅力向上をはかりたい!」 WorkPath「今より25%のゆとりが生まれます。デザインテイストは女性比率から考えていきましょう。」

記入した要件が視覚化され、オフィス環境とどう関連してるかが理解しやすくなる。

Step 02 ワークシーンの組み合わせ、
複数プランの提案・調整

要件に合うワークシーンを組み合わせて、
新しいワークプレイスを組み上げる

WorkPath「新たに生まれた空間に、これらのワークシーンを組み合わせて交流をより活性化させては?」 総務「いいですね!あと、もっとリフレッシュできる空間もつくれたら…」

複数の3Dプランとイラストでワークシーンを提示。ワークプレイスの方向性を固めていく。

Step 03 デザインや
オフィス家具の選定

コストや納期も常に確認しながら選べる

総務「このイスやソファも気になるけどコストはどうだろう… 」 WorkPath「このイスを選ぶと全体のコストはこうなります。収納家具を変更すれば予算に納まります。」

オフィス家具のコストや納期もデータで管理。数字とともに検討できる。

Step 04 最終決定 ・ 施工開始

社内稟議に必要な資料が揃っているので、
社内検討がすぐに始められる

総務「予算、イメージ、新しい働き方の内容…。これだけあれば、すぐ社内に説明ができる!」 WorkPath「カスタマイズすれば、様々なデータが取得可能です。施工業者もすぐに工事準備に入れます。」

すべてのデータが連動し、可視化され、自らドキュメントを取り出せる。

Step 05 刷新後のデータ収集 ・ 分析

利用状況などを分析し、活用することができる

総務「時間帯ごとに、社員たちにどんな使われ方をしているのか知りたい。」 WorkPath「午後は会議室より、ボックス席が頻繁に短い時間で使われてますね。」

刷新後の利用状況をセンサーやアンケートで収集。評価や今後の対策に反映できる。